耐震技術としても注目される液状化対策|家屋への影響を防ぐ

ヘルメット

防火関連業務をサポート

不特定多数の人が出入りする店舗や施設で火災が発生し、多くの犠牲者が出た例が過去にもありました。特定防火対象物に指定された店舗・施設にとって、消防法改正に伴う防火対象物点検は大きな負担です。消防設備の点検・工事を行っている会社では、防火対象物点検の実施から報告書作成・提出まで幅広くサポートしています。

家を守る技術

工事現場

家屋を地震から守る

地盤を強化する液状化対策は、地震による被害を最小限に抑える目的で行われます。地震によって地盤の液状化が起こると、地面が沈み込んでしまい震災後に家屋を建てるのが難しくなります。しかし液状化対策を施しておけば、家屋が崩壊してしまっても地盤はしっかりと残るため、震災後に住居を建てることができます。液状化は程度が小さくても家屋に大きな影響を及ぼすという怖さがあります。というのも液状化によってわずかに地盤が傾いただけでも、その上に建っている家屋は傾き、暮らしづらくなるからです。場合によっては家屋が残っているにも関わらず建て替えが必要になることもあり、その損害額は計り知れません。液状化対策は少ない工数で家全体を守るためにも欠かせません。

地盤補強で液状化を防ぐ

日本列島は地震が起きやすい地域にあるため、家屋や地盤などに対して適切な地震対策を施しておく必要があります。そんな地震対策の中でも最近注目されているのが、液状化対策と呼ばれるものです。液状化対策とは地震によって地盤が液状化してしまうのを防ぐためのもので、地盤だけでなく家屋も守ってくれる技術です。すでに行われている液状化対策の多くは、地盤を補強するように施工されているのが特徴です。これは液状化は地盤が柔らかくなってしまうのが原因であるためで、密度を増やしたり安定剤で固めるなどして締め固めることを重視します。地質調査によって水が確認されたときには、それも液状化の原因となるため井戸掘りなどで水を抜いて対処します。いずれの対策も、建設業者などに依頼して行います。

工事

地盤を調べるサービス

土地の状態を確認できる地盤調査は2つのものが用意されています。どうして人は地盤調査をするのかというと、地盤が弱いと建物の倒壊や歪みが発生するのでトラブル回避のために利用しているのです。なにかあるときは地盤改良工事も行ってくれます。

作業員

健康の安心材料

有害物質が土に浸透することで、土壌汚染となります。なかには、30年以上消滅しない有害物質もあります。土壌汚染は目に見えない脅威となるため、汚染されていないことを証明するために土壌汚染調査は必要不可欠であり、健康にとっての安心材料として自主的に調査を行う人が増加する傾向にあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加