耐震技術としても注目される液状化対策|家屋への影響を防ぐ

  1. ホーム
  2. 健康の安心材料

健康の安心材料

作業員

目に見えない

まず、土壌とは陸地の表面を覆っている、いわゆる土のことです。その土が有害物質によって汚染されることを、土壌汚染と言います。そしてその汚染は、自然環境や人体の健康、人々の生活に影響のある程度とされています。一部の土が汚染されてしまうと、その後の雨などにより周りにも広がってしまう可能性があるようです。自分の知らないうちにそのような環境で生活しているかもしれないと考えると、心配になりますよね。そのような脅威や不安を取り除くため、そして風評被害などによる真偽を確かめるために、土壌汚染調査が行われます。土壌汚染は目に見えません。2005年に制定された土壌汚染対策法により、土壌汚染調査の件数は増加しています。我々国民の健康を守るためにも必要なことなのです。

デメリットなし

土壌汚染調査が行われる理由として、法律や条例に義務づけられたものと、自主的に行われるものがあります。実際は8割ほどが自主的に行われる調査だそうです。その主な目的としては、売買する土地について調べるためです。新しい家を建てるために買った土地、不必要になって売りに出す土地など、売買に利用される土地の土壌汚染調査はその5割を占めています。購入する、またはした側は自分がこれから住む土地が安心して住める場所なのか気になります。また、売り手としては調査をして安全性を確かめることで、買い手に安心を与えて購入してもらいやすくなります。過去に有害物質を扱う工場があった場所では、30年が経過してもその有害物質が消滅しないケースもあるようです。目に見えないため、調査によって発見する事実もあると思います。自主的な調査にデメリットはないでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加