耐震技術としても注目される液状化対策|家屋への影響を防ぐ

  1. ホーム
  2. 防火関連業務をサポート

防火関連業務をサポート

ヘルメット

点検から報告書作成まで

科学が著しく進歩した現在でも火災の発生を完全には防止できず、一般住宅でも時として火災による犠牲者が出ています。不特定多数の人が出入りする店舗や施設で火災が発生した場合には被害がさらに拡大するため、過去にもデパートや雑居ビル・ホテル等の火災で多くの犠牲者を出してきました。このような痛ましい火災を教訓として消防法がたびたび改正されてきた結果、現在では防火対象物に指定された店舗や施設に対して厳格な防火基準が適用されています。指定された店舗・施設の経営者や管理者にとっては、年1回の点検と報告が義務付けられた防火対象物点検が大きな負担となっています。該当する防火対象物では防火管理者の選任と消防計画の届け出が求められ、専門の資格を持つ点検者によって点検報告書を作成してもらわなければならないのです。大多数の企業では自社だけで防火対象物点検に対応するのが困難なことから、消防設備の点検や工事を行っている業者を利用している例が大半です。防火対象物点検を実施している会社では、有資格者による消防設備の保守点検から消防署への報告書作成・提出まで、防火関連業務を幅広くサポートしています。

防火のプロが全面サポート

多数の人が出入りする建物のうち、収容人員50人以上の学校や工場・事務所などは非特定防火対象物に分類されます。収容人員30人以上の飲食店やホテル・旅館の他、各種店舗・病院・遊興施設などは特定防火対象物に該当します。いずれも法律に従った厳格な防火対象物点検が義務付けられており、延べ面積1000平方メートル以上の特定防火対象物も有資格者による点検が必要なのです。消防設備の点検を実施する業者では消防設備士等の必要な資格を持った社員が対応に当たり、プロの視点から施設や防火体制をチェックしています。防火管理者の選任代行や消防計画作成を手がけている業者も多く、防火対象物点検の実施だけでなく防火に関するあらゆる業務をサポートしているのです。年に1回の防火対象物点検を実施して報告書を消防署に提出すれば、点検済証を施設に表示することができます。店舗や施設を訪れる来店客・利用客も安心して商品の購入やサービスの利用ができるようになり、企業としての信頼性も向上します。コンプライアンス遵守は信頼される企業の条件の1つとして重視されるため、防火の分野でもこうしたビジネスパートナーが重要な役割を果たしているものです。

このエントリーをはてなブックマークに追加